【インタビュー】
私の病気との向き合い方(Part1)

はじめに

どうすればいい?

Rena

こんにちは!Renaです。私は双極性障害を患っています。
発病当初、よく周囲から言われたことがあります。

それは「病気と向き合って」ということ。

当時の私は「病気と向き合うとはなんぞや?」と本を読み漁り、ネットもさまよいました。

それでも、具体的にどうすることなのか?はどこにも書いていません。

途方にくれました。

あなたのヒントに

今回は発病当初の私のように、病気をどう受け止め、どう向き合い、人生をどう生きるかに悩む人たちに向けた”先人の知恵”として、何人かの方に尋ねてみました。

みなさん精神疾患を持ちながらも、自分の人生を生きるために様々な経験と試行錯誤をされています。

あなたの闘病生活におけるヒントがきっと見つかるはずです。

それでは、早速ご紹介しましょう。

デルタンさん

「赦す」
自分を赦す
誰かを赦す
過去を赦す
今を赦す

これは私が辛い出来事を思い出した時や辛いことが起こった時、思いっきり伸びをしながら唱える魔法の言葉です。

私は双極性感情障害という障害になりました。
失恋、研究室でのイジメ、就活。
これらのストレスが1度に来てしまい、キャパシティを超えてしまいました。

誰かや何かを恨んで頭の中がぐるぐるする。
そんな経験を皆さまもされていることでしょう。

そんな時”赦す”ことをしてみませんか?
決して”許す”ではありません。
赦すとは、何かに関する制裁したいという気持ちを神様に預けることなのです。
辛い気持ちを自分から手放してみましょう。
そうすることできっと新たな一歩が踏み出せることと思います!


デルタンさん(双極性障害1型)

Rena

かつての私は発病の原因を探し、周囲の人間を恨んでばかりでした。
「赦す」というデルタンさんの選択は、優しいだけでなく、前へ向くための強さを感じますね。

Ωさん

うつ病と診断された時、私はあまり動揺しませんでした。
なぜなら、会社の同僚が何人も同じような精神状態になり、会社を辞めていったからです。
病気と向き合うという事を真剣に考えてみた事はありませんでした。
今回、投稿するにあたり、自分にはどんな感情があるだろうかと考えました。

結論は”諦める”でした。
長い闘病期間に沢山の事を諦めました。
その中でも最たるものは、(薬を服用している事を考慮して)子供を授かる事、金銭的な余裕、自分の人生設計、友人との交流等です。
正直、私が長く闘病している事実は、病気とちゃんと向き合っていないせいかもしれません。
しかし、私なりに頑張っているつもりです。
そして、自己肯定感が低い事が、なんらかしらの影響を及ぼしているかもしれません。
”諦める”という事に違和感を感じ始めた時、社会復帰へのスタートラインに立つ準備ができた事になるのかも知れません。


Ω(オメガ)さん(うつ病)

Rena

「諦める」という意外な言葉に驚かれたのではないでしょうか?
病気と闘うんだ!というのとはまた違った視点。Ωさんの穏やかな人柄を感じます。
決してプラスのことばではないかもしれませんが、とてもリアルでしっくりきます。

ハルさん

私の病気との向き合い方

軽躁状態の時にフルスロットルで3時間睡眠で活動しまくり、疲れ知らず、毎日が楽しかったのが、昨年1年間、
今年の五月に鬱転して、2週間寝込み、通院を再開して、3月に新しく就いた仕事も辞めることになり、双極性障害2型と診断されました。
とにかく急に鬱状態になり、天国から地獄に突き落とされた感覚で、病気を受け入れるのに、時間がかかりました。仕事を失ったショックもありました。

今は鬱気味ですが、別店舗ですが、以前のバイトに週3回四時間雇っていただけたので、午後から勤務しています。主治医から7割くらいで行きましょうか、と言われているので、予定も詰め込みません。
まあ、今は鬱ぽいし仕方ないと思って自分を許してあげています。
寝れる日は午前中寝ます。
家事とバイトをなんとかさせていただいてる日々です。


ハルさん(双極性障害2型)

Rena

躁からうつへの急降下に、ハルさんと同じ気持ちになられた方も多いのではないでしょうか。
「7割くらいで行く」というのは簡単なように見えてとても難しいです。
もっと頑張れそうなところでもやめておく、という自分を上手くコントロールする冷静さをハルさんから学びたいです。

まだまだ続きます

今回は、デルタンさん、Ωさん、ハルさんの「私の病気との向き合い方」をご紹介しました。

三者三様、でもどの方の内容も正解のひとつです。

共感したり、反芻したりしてじっくりと味わってみると、いろいろなものが見えてくるでしょう。

実は他にも何人かの方に文章を書いていただいています。

引き続きコラムでご紹介していくので楽しみにしていてください。

Rena

それでは、あなたの健康と明日のお天気をお祈りして。



Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked *

Copyright ©Milkカフェ All rights reserved.